2019年07月27日

27日土曜 薬院店の昼 野芥店の昼と夜

列での待ち合わせ(横入り)は後ろの方の御迷惑ふらふらになるのでご遠慮ください。1名2名様向けのカウンター店です。3名様は並んで座ることは難しいのでご了承ください。

薬院店 昼のメニュー
昼の営業 12時オープン14時30分ラストオーダー予定

特製チキンキーマクラシック 1000円 しょうが、玉ねぎ、スパイス。これぞスタミナ食
(黒コショウのスカッとした辛さが特徴です。香り高い黒コショウを多量に用い、他のホールスパイスと合わせ、朝挽いて使っています。定番の鶏キーマとはまたひと味違います)

オプション
おんたま  100円
デンマークチーズ 150円
なす入り 150円
ベリーホット 100円(激辛で独特の風味がプラス)
おみやげバターチキンレトルト 850円(税込店売特価)

場所
福岡市中央区薬院3-7-30
とどろき酒店さんの右側通路の奥、つどいさんの隣となります。
カウンターのみのお1人様、お2人様向けの小さなカレー店となっております。
おひとりさまが入りやすい孤食のグルメ推奨店


薬院店は本日昼のみです。

Strictly Curry Shop 特製化理医専門ダメヤ特殊化理医店カリン舎 Not Spice Curry Shop
カレーが主役の店
---------------------------------------------------------------------------------------------
野芥店のメニュー
昼の営業 12時開店14時15分頃ラストオーダー
夜の営業 18時40分開店21時ラストオーダー

チキンカレー 900円(無化調の、違いのわかる貴方のために)
ハシミールチキンカレー 950円(チキンカレーの激辛。専用スパイスによる独特の風味)
トリプルキーマ 1000円
たまご入りトリプルキーマ 1100円(牛豚鶏三種合挽肉に特製たまご)
豆入りトリプルキーマ 1050円 (豆の旨みがプラス。牛豚鶏三種合挽肉に数種の豆)
なす入りトリプルキーマ 1150円(牛豚鶏三種合挽肉になす)
なすと豆入りトリプルキーマ 1200円 (牛豚鶏三種合挽肉になすと数種の豆)
なすと豆と特製たまご入りトリプルキーマ 1300円(トリプルキーマデラックス)
チキンキーマ 900円 (鳥ひき肉のキーマ)
ほうれん草キーマ 1000円 (ほうれん草と挽肉のカレー)(料金プラスで豆入り、なす入り可)
たまご入りほうれん草キーマ 1100円(料金プラスで豆入り、なす入り可)

オプション ベリーホットこく味 100円
おみやげバターチキンレトルト 850円(税込店売特価)

場所
福岡市早良区野芥6−4−36
一九ラーメンさん斜め前

特製カレー専門ダメヤ特殊化理医店 ノークスタウン野芥店 Not Spice Curry Shop
---------------------------------------------------------------------------------------------
現在、大丸カレー展にてダメヤのバターチキンレトルト販売中です!
カレー展のレトルトコーナー、昨日、ドカンと追加オーダーが入ったようです。
一番多く置かせていただいており、誠にありがとうございます。
長期間の研究の末、完成させた今までにないカレーレトルトです。
いわゆるレトルト感はまったくありません。そして、化学調味料や着色料、肉エキス類不使用のナチュラルなカレーですので、おみやげにされても渡す方を選ばないかと思います。

値段だけ見たら高い!ですが当然、原価も高いのです。
400円のレトルトを作っても、1000円のレトルトを作ってもこちらの利益は同じです・・・
ならば1000円のレトルトを作って、本当にナチュラルできちんとした素材で喜んで頂けるものを作ろう。と、思いました。
400円の方が売れるだろうけど、それでは色々材料に混ぜ物をして、嘘をつかないといけなくなります。
それだけはしたくない。売れなくても本物の料理として満足していただけるレトルトを作りたかったのです。
しかし、4月の発売後は小生の予測に反し、さすが「食の福岡」、本物の味を求める方が多く・・・ありがたい限りです。

長期間の研究の末に完成した、カレーレトルトです。
作る手間も大量生産品と違い、かなりかかっております。
私(店主)がスパイスの原型を計量し、都度、配合をしているので一気に大量には作れないのもあります。
高級レストランや有名ホテルレストランでもこんなレトルトや缶詰はやりませんしできません。
必ず、化学調味料(アミノ酸)を入れ、原価と手間を抑えた上、ブランド料を乗せて利益を得ます。
これは悪いことではなく普通のことです。残念ながらそれが普通になってしまっている現実です。
ビジネスを優先したらそうなります・・・
しかし、それは本来違うと考えてこんな馬鹿なレトルトを作ってみたのです。
店の方がインスタント・・・そういう時代に本当の素材を手造りの工程で作ったレトルトです。
なので中身の違いがわかる方には、けして高いことはないはずです。
posted by 全国食べ歩き孤食のグルメ歴20年ダメヤ マズター at 08:00| 営業情報