2018年09月30日

30日日曜 薬院店 夜のメニュー

18時開店から20時頃ラストオーダー(早くなくなる場合もあります。開けてみないとわかりません)
約30名様分あります。

スープカレー 950円 手羽元、鶏せせり、ミニトマト、にんじん、なす、しめじ、ピーマン入り
(辛さが足りない方は卓上の唐辛子をお使いください)

オプション
特製たまご(たまごのピクルス)100円 15個かぎり
おんたま (ライスにのせて塩をかけてスープと合わせてもヨシ) 100円
ポーク (豚バラ薄切り肉炒め追加)300円 10食かぎり

化学調味料不使用スープカレー。天然のチキンスープを味わってください。北海道のとはまた違いますよ。
ガツンとしたパンチを求める方には向きません。スープを飲んだ後、口の周りに何かひっつくように感じるのと思います。これがコラーゲンです。インスタントスープにはこれはありません。スパイスは控えめにしてます。スープカレーはスープを味わってもらいたいので。スパイスが多すぎると天然スープの旨味の感じ方が弱まるのです。今回はスープが主役です。
弊店ではスパイシーなんとかカレーと一度もメニュー名につけたことはありません。なぜか?
スパイスが多かったり、辛みが強く刺激的であれば良いのか?そんなの大間違いだと思ってるからです。
スパイスゴリゴリとかいう謎の言葉はもってのほかです。ホールスパイスは用済みになったらある程度は取り出してます。スパイスカレーてのもおかしな言葉なんですよ。curryというのはスパイスが入った料理なわけだから。そのスパイスを使いこなしてカレー屋はなんぼでしょう。
6年くらい前から大阪で流行り、遅いと思いましたが福岡にも最近増えてきた3種盛り4種盛りの彩り豊かなカレーをスパイスカレーというものだと思ってますよ。弊店はインド式がベースですし、まったくその枠にはあてはまりません。いちいち説明してませんでしたが、not spicecurryshop とずっと前から記載してるのはそういうことです。

ダメヤ薬院店
posted by 全国食べ歩き孤食のグルメ歴20年ダメヤ マズター at 15:04| 営業情報