2019年06月04日

4日火曜 薬院店の昼 野芥店の昼と夜

NEW薬院店 外は少し蒸し暑いせいか今日はお客さんが少なめです。今現在、並ばずに食べられます。

列での待ち合わせ(横入り)は後ろの方の御迷惑になるのでご遠慮ください。1名2名様向けのカウンター店です。3名様は並んで座ることは難しいのでご了承ください。

薬院店 昼のメニュー
昼の営業 12時オープン14時30分ラストオーダー


特製チキンキーマクラシック 1000円 
(黒コショウのスカッとした辛さが特徴です。香り高い黒コショウを多量に用い、他のホールスパイスと合わせ、朝挽いて使っています。定番の鶏キーマとはまたひと味違います)

オプション
おんたま  100円
なす入り 150円
デンマークチーズ 150円(本日在庫限り4から5名様分)
ベリーホット 100円(激辛で独特の風味がプラス)

場所
福岡市中央区薬院3-7-30
とどろき酒店さんの右側通路の奥、つどいさんの隣となります。
カウンターのみのお1人様、お2人様向けの小さなカレー店となっております。
おひとりさまが入りやすい孤食のグルメ推奨店


薬院店は本日昼のみです。明日と明後日は薬院店は昼と夜も営業です(野芥店は休業となります)
Represent The Real Curryダメヤ特殊化理医店カリン舎 Not Spice Curry Shop
カレーが主役の店 
----------------------------------------------------------------------------------------------
野芥店のメニュー
昼の営業 12時開店14時15分頃ラストオーダー
夜の営業 18時40分開店21時ラストオーダー


チキンカレー 900円(無化調の、違いのわかる貴方のために)
ハシミールチキンカレー 950円(チキンカレーの激辛。専用スパイスによる独特の風味)
トリプルキーマ 1000円(牛豚鶏三種合挽肉)
たまご入りトリプルキーマ 1100円(牛豚鶏三種合挽肉に特製たまご)
豆入りトリプルキーマ 1050円 (豆の旨みがプラス。牛豚鶏三種合挽肉に数種の豆)
なす入りトリプルキーマ 1150円(牛豚鶏三種合挽肉になす)
なすと豆入りトリプルキーマ 1200円 (牛豚鶏三種合挽肉になすと数種の豆)
なすと豆と特製たまご入りトリプルキーマ 1300円(トリプルキーマデラックス)
チキンキーマ 900円 (鳥ひき肉のキーマ)
ほうれん草キーマ 1000円 (ほうれん草と挽肉のカレー)(料金プラスで豆入り、なす入り可)
たまご入りほうれん草キーマ 1100円(料金プラスで豆入り、なす入り可)

オプション
特製たまご 100円
なす入り 150円
ベリーホット 100円

場所
福岡市早良区野芥6−4−36
一九ラーメンさん斜め前

特製カレー専門ダメヤ特殊化理医店 ノークスタウン野芥店 Not Spice Curry Shop
カレーが主役の店
---------------------------------------------------------------------------------------------
ダメヤバターチキンカレーレトルト販売情報です。
「ダメヤ 職人仕込みのバターチキンカレー」定価950円(税込)
先月末より発売後売切れでご迷惑をお掛けしておりましたが製造再入荷しました。下記、売場です。
売場にパルコ、大丸、シーホークが加わりました。が・・・また、既に売り切れてる売場があるようです。5日あたりにさらに補充入荷される予定です。

JR博多駅内「博多銘品蔵」、キャナルシティ博多「ザ博多ギフトショップ」
博多阪急百貨店地下、博多大丸地下グロッサリー売場、博多パルコ「ザ天神ギフトショップ」
六本松蔦屋、百道浜TNC会館内「逸品百彩 ももち浜」、シーホーク内「博多銘品蔵」
ボンラパス薬院店、小倉エキナカひまわりプラザ3階「井筒屋 小倉駅店」

値札だけ見たら高い!ですが原価も高いのです。手間もかかってます。
何せ、作り手の利益が薄いのですから・・・逆に安いです。
化学調味料や着色料不使用のナチュラルな無添加カレーですので、おみやげに
されても渡す方を選ばないかと思います。よろしくご愛顧ください。

尚、ダメヤ店売り限定の「せせりのバターチキン」850円(税込)カレーレトルトも再製造しました。
今回分は、また良い出来ですので既に一度、購入された方もおためしを。
国産せせりのお肉の旨み、厳選材料のカレーソースをぜひ味わってみてください。
日曜は店に用意した分、すべて売り切れてしまいました。買えなかった方すみません。
今日はまたパッケージングしてあります。
高級レストランや有名ホテルレストランでもこんなレトルトや缶詰はやりませんしできません。
必ず、化学調味料(アミノ酸)を入れ、原価と手間を抑えた上、ブランド料を乗せて利益を得ます。
これは悪いことではなく普通のことです。普通になってしまっている事象です。
しかし、それは本来違うと考えてこんな馬鹿なレトルトを作ってみた。それが単にうちだけだということです。店の方がインスタント・・・そういう時代に本当の素材を手造りの工程で作ったレトルトです。
なので中身が理解できる方には、けして高いことはないはずです。
posted by 全国食べ歩き孤食のグルメ歴20年ダメヤ マズター at 08:00| 営業情報